びっちゼミナール

主人公は一見何の変哲もない男です。
「一見」というのは実は主人公は類稀な精力を誇っているのです。

主人公は最近、ようやく独立して念願の個人塾を開くことができたのですが・・・
入ってきたのはカワイイびっちばかりだったのです。
主人公は最初は自分の教育理念に基づいてしっかり指導しようとしていたのですが、ある生徒のイタズラがきっかけですべてが変わってしまいます。
その生徒・リナは授業が詰まらないからと言って主人公のズボンを脱がしてしまうのです。
全塾生の視線が主人公の肉棒に集中し・・・その日から塾生から誘惑されまくる「びっちゼミナール」になってしまったのです。
塾生の女の子はいろいろな学校から集まってきているので、ギャルのような子もいれば清楚な処女やスポーツ少女、眼鏡っ子などより取り見取りです。
そんな子たちが一斉に主人公にアプローチを仕掛けてくるのですから、手を出さない方がおかしいです。

手当たり次第にハメまくる主人公ですが、やがてエッチを教育に生かそうと考えつきます。
塾でテストをして成績の良かった子だけエッチしてあげるという「びっちゼミナール」式教育法を編み出した主人公。
びっちな教え子たちの成績はガンガン上がっていきます。
もちろん、エッチの偏差値も急上昇です。

特に処女の種原優衣が後半ものすごくエッチになるのでおすすめです。(名前もスゴイけど)

ビッチなあの子は箱入り娘?

学園一派手な格好で遊んでいると噂のミナミさん。
実は彼女はエッチどころか付き合ったことすらないウブな子だったのです。
見た目はギャルとしか言いようがないミナミさんですが、キスすらしたことがないので、今日も隠れて他のカップルを覗き見しています。

学校内のヤリ場と噂される場所にあるロッカー内に潜んで、他のカップルがキスしたりするところなどを覗いていたのです。
しかし、偶然その場を訪れた主人公である教師にロッカーに潜んでいるのを見つけられてしまいます。
「・・・何してるんだ?」
遊び人と噂のミナミさんが隠れて覗きをしているなんて思ってもいなかった主人公は何をしているのか問い詰めますが・・・
そのとき、別のカップルがヤリ場にやってきたのです。
別に主人公は隠れる必要はないのですが、慌ててミナミさんと一緒にロッカーに隠れてしまいます。

外ではカップルがイチャイチャしているので出ていくわけにもいかず、狭いロッカーの中でミナミさんと密着状態です。
「先生・・・誰にも言わないでね・・・」
ミナミさんは誰とも付き合ったことがないことや、隠れてカップルのエッチを覗いていたことを告白します。
そんなに興味があるなら教えてやるのが教師の務めと思った主人公は、その場でミナミさんにエッチの指導を行うことになるのですが・・・!?

密室処女

密室処女のヒロインである葉月美雨ちゃんはとある塾に通う普通の女の子です。
塾で一番可愛いと言われています。ちなみにつるぺたちゃんです。
貧乳がいいか悪いかは人によって分かれるところですが、小柄で線の細い美雨ちゃんに限っては貧乳の方がいいです。

しかし、そう考えているのは他にもいたのです。
美雨ちゃんをターゲットにして狙っていたのは塾の用務員である木村です。
木村は塾生の間では「変態&危険人物」として有名であり、みんなから避けられていたのです。
美雨もそのことは知っており、なるべく避けていました。
しかし、木村のワナにハマって捕まってしまいます。

木村は美雨ちゃんを用務員室に閉じ込めてしまいます。
みんなから避けられていることが裏目になって用務員室には誰も来ません。
ほぼ密室状態で美雨ちゃんは逃げることができません。
処女の美雨ちゃんはおびえるしかできることがありません。
震える美雨ちゃんは木村にとってはどうにでも料理できる獲物なのです。

暴走状態の木村を止めることができずにヤられてしまう美雨ちゃんがエロいけど可哀想です。
特に処女を奪われるシーンは必見のエッチさです。
「密室処女」ははかない感じ子が好きならおすすめです。

コイビトサンプル

コイビトサンプルはホムンクルスの短編集です。
どの話もしっかり練りこまれていて一気に読めてしまいます。
特に理系少女が夏の海に遊びに行く話は最高にエロいです。

夏休みも科学室で研究を進める東雲さん。
東雲さんの友達に海に誘われても簡単に断ってしまいます。
しかし、紺野くんも来ることを伝えると、東雲さんの反応が変わります。
実は紺野くんは東雲さんが気になっている男子なのです。
友達もよく見ていますね・・・笑

さらに友達は畳みかけるように「水着は男を狂わせる」、嘘だと思うなら実験してみればと実験好きの東雲さんを焚きつけます。
そんな説得に乗ってしまったのか、東雲さんも観念して海に行くことにします。
そして、実際に海で水着を着てみると・・・男子たちの反応が全く違います。
紺野くんの反応も心なしかいいみたい・・・東雲さんががドキドキしていると、いきなり紺野くんに告白されてしまいます。

そして、そのまま浜辺でイチャイチャし始めます。
理系少女の東雲さんが自分を抑えられなくなって感情に突っ走ってしまう姿はかなりエロくておすすめです。

お年玉でお姉ちゃんを買ってみた

「お年玉でお姉ちゃんを買ってみた」はチンジャオ娘のおねショタ漫画です。
お姉ちゃんの晶は多少ズボラなところはありますが、超可愛いと言っても加温ではないほどの美人です。
そんなお姉ちゃんを自分ものにしたくてたまらないタクヤが、無い知恵を絞ってお姉ちゃんを買う方法を考えます。
そして、考え付いたのが「お年玉でおねえちゃんを買う」だったのです。

大切にとっておいたお年玉を握りしめてお姉ちゃんの部屋に向かうタクヤ。
突然入ってきて「お姉ちゃんを買いたい!!」なんて言い出すタクヤにお姉ちゃんも呆れっぱなしです。
しかし、結構頭の回転が速い晶はタクヤがやりたいことを見抜きます。
そして、どうすればタクヤからお年玉を巻き上げられるかを計算して、タクヤの提案にのることにします。
もちろん、値段は晶がつけて主導権を握りますが。

タクヤはお姉ちゃんがお年玉で買われることに同意してくれたという事実に舞い上がり、値段なんてほとんど気にしていないようです。
しかし、この舞い上がりっぷりが後々悲劇を生みます。

ちょっとアソコを見せてもらっただけで興奮してしまい、後先考えなくなってしまったのです。
そればかりか、お年玉がある限りお姉ちゃんを買いまくると言ったサルのような行動にでます。
さすがにこれを予測していなかった晶は日常生活に支障をきたすほどです。
しかし、これもお年玉が尽きるまで・・・と晶は考えていたのですが、お年玉が尽きたタクヤはさらにとんでもない行動にでます。

その行動とは・・・!?
詳細は5話で判ります。

誰もオレが判らないならエッチな悪戯しまっくても問題ないだろ

「誰もオレが判らないならエッチな悪戯しまっくても問題ないだろ」は存在感を完全に喪失してしまったサラリーマンの漫画です。
冒頭でいきなりorzやっている男が主人公です。
存在感がないので、すべての人から完全に無視されるようになってしまった主人公ですが、ある時逆転の発想を思いつきます。

つまり、誰からも認識されないのであれば悪戯し放題じゃまいか、と。
そうと決まれば早速近所の学園に向かう主人公。
よほど若い子好きなのでしょうか?
潜り込んだ先々でエッチなイタズラをやりまくります。
相手に認識されないので、種付けしまくっても問題ないのです。
そこまでやっても誰からも相手にされていないという、ある意味究極的に虚しい状況ですが、主人公は若い子で遊べてうれしいようです・・・

普通、種付けまでしたのに完全に無視されるとへこむと思うのですが、主人公は鋼の心の持ち主のようです。
(冒頭のorzは何だったのでしょうか?)
すごいのは周りの人も主人公がやったことを完全に無視している点です。
主人公が物を動かそうが、種付けしようがお構いなしです。
普通、いきなり物が動いたりしたら、ポルターガイスト扱いされそうなものですが・・・この辺りはご都合主義的な設定ですが、絵もキレイで楽しめる漫画ではないかと思います。